2016 北海道ツーリング (2016.8.6~8.14) 9日間


6年前の道北、4年前の道東と周った北海道、この3回目の道南行きで一応コンプリートとなる。
今回のテーマは、4日間のテント泊と積丹ブルー。それができれば大満足なのだが・・・
北海道2016ツーリング計画




2016.8.6(土)
6:30起床

7:30に出発する予定だったが、レッドバロンのツーリングパスポートがどうしても
見つからない。バイクのシートの中に入れておいたはずなのに。

おかしい、おかしい、やばい、やばい・・・あれがないと引き上げが面倒。

かみさんが「バイクのどこか秘密の場所にあるんじゃない?、たしか、引き取りに行
ったとき、あんなところに置いておいたら絶対忘れるって自分で言ってたよ。」と。

 うーむ。

よく覚えていらっしゃる。取り扱い説明書を確認したらシート裏に書類の収納場所
あり。確認したら、ツーリングパスポート発見!

かみさんが、私の言動を覚えていたことに恐怖したが、なんとか出発できそう。
2時間を無駄に過ごした。


まあ、いいか。

出発だ。


4年前の北海道は同じく新潟からフェリーを使ったが、ずっと下道を走り、新潟に
ついたときはすっかり疲れてしまった。

朝、2時間ロスしたこともあり、今回は静岡~新潟間を高速移動することに決めた。
リッチだなあ。7000円だもの。



玄関にて・・・

1 あっ靴もだめだ。 9:38 仕方ない、これで行こう。ナイキのスニーカーは全部
 だめになったが、アルパインスターお前もか?
201608060938_640.jpg




2 こんなところも剥がれてる。
 洋物はみんなだめだ。日本の風土(湿度)に合わないのか。 9:38
201608060938b_640.jpg




3 9:41なんとか出発できそう。今回、荷物用ゴムロープを2本新調した。
  これが、後々、大変役にたった。
201608060941_640.jpg




4 今日も暑くなりそうな予感。 9:43
201608060943_640.jpg




5 新東名新静岡から高速に入り、駿河湾沼津SAで小休止 10:34
  右左折する際に荷物の重さを感じた。かなり後ろ重心になっている。
201608061034_640.jpg



6 眠い、とてつもなく眠い、中井PAで休憩。TVではオリンピックの開会式 11:46
  ここにはうどん屋さんがあるが、節約のため昼食は食べない予定。
201608061146_640.jpg



7 同じエンジンのはずのCBR600 タコメーターのレッドゾーンが違いすぎ 11:49
201608061149_640.jpg



8 圏央道 八王子ジャンクションで渋滞30分 高尾山ICから下道へ降りる。 12:34
  トンネル内は渋滞した車の熱気でいっぱいで先が思いやられる。
201608061234_640.jpg



9 八王子ジャンクション方向に進めば、北に向かう道があると思ったが、山梨(大月)
  方面への道しかなかった・・・orz。
201608061301_640.jpg



10 引き返そう 13:01
201608061301b_640.jpg



11 高尾山へ引き返し、八王子経由で圏央道へ戻った。13:05
201608061305_640.jpg



12 狭山PA到着 14:03
  ここにも安いどん屋さんがあるが、今回はパス。
201608061403_640.jpg



13 暑い。これが夏ってやつ。Tシャツを濡らして気化熱冷却
  かなり効果的で眠気覚ましになる。冷却効果が続くのは30分くらい。
201608061403b_640.jpg



14 関越道 谷川岳PA到着 雲行きがやばい。 15:55
  ここまでの高速道も雨注意の電光掲示だったが、一度も降られていない。
201608061555_640.jpg



15 長岡ナンバーのGPZ900の方としばし談笑 15:56
  友人と志賀高原あたりを走る予定だったが、故障して来なかったという。
  私と同じで子育て終了組で、休みの日は一人で遊ぶことが多い。(かみさんは?)
201608061556_640.jpg



16 パラパラ降ってきたので出発 15:56
201608061556b_640.jpg




17 関越トンネルを抜けると、新潟側は晴天だった。 16:40
201608061640_640.jpg


越後湯沢ガーラを通過。
30年前に出張で宿泊したことがある。苦手な上司と一緒だったので、よく覚えている。


18 越後川口SA到着 17:18 関越道は車も少なく、道路幅も広いので
  飛ばしやすい道ゆえ要注意。2人組のセダンのバックミラー確認は怠れない。
201608061718_640.jpg



19 この時間帯に、荷物満載のバイク。新潟からの北海道行きに違いない。
201608061719_640.jpg



20 信濃川の雄大さに心洗われる思い。17:31
201608061731b_640.jpg



21 最後となる栄PAで小休止 18:17 
201608061817b_640.jpg



22 新潟までもう少し。前回の新潟着より2時間以上早い。やっぱり高速だ。
  静岡ナンバーのゼファー400が到着。自宅を聞くと私の家のすぐ近く。
  初めての北海道でかなりワクワクしているとのこと。パッキングがすばらしい。
201608061817_640.jpg



23 一日目の夕日は、栄PAにて
201608061819_640.jpg



24 リッチホテル新潟に到着。分っていたがあえて駐輪場について聞いてみた。
  「駐輪場がないとネットにも書いてありますよね」と事務的な応対。
  市内を1時間以上彷徨い、新潟駅の南側の24時間パーキングにバイクを停める。
  
  夕食はホテル近くのラーメン屋へ、このお店、餃子と生ビールセットで500円
  と格安だった。まぜそばもつまみになるので、少しだけ飲むなら居酒屋よりも
  ラーメン屋だ。
  201608062134_640.jpg



24 この日は新潟の花火大会 浴衣美人もたくさん見かけた。
201608062149_640.jpg







2016.8.7(日)

25 お世話になったリッチホテル新潟。あまりリッチな感じはしなかったけど
  駅前で1泊4千円というのは助かる。
  貧乏人の私は朝食なしの方が、あきらめもつき、早く出発できる。
201608070719_640.jpg



26 本来は10分で到着するはずの新潟港フェリーターミナル。
  ナビのはちゃめちゃな案内のおかげで20分かかってしまった。
  これがあるから、X何とかのナビは信用できない。

201608070802_640.jpg



27 新潟港初のフェリーはバイクからの乗り込みだった。8:30
201608070810_640.jpg



28 今回から、バイクに荷物を残してもよいことになっていた。
  (今まではすべて客室に持ち込まないとならない。)
201608070904_640.jpg



29 しばしのお別れCBF 9:04
201608070904b_640.jpg



30 まずはコインロッカーを確保。みなさん貴重品は車に置いてくるのか?、
  思ったほど活用する人がいなかった。
201608070910_640.jpg



31 ロンリーおじさんは角地を確保 ただし寝苦しいので本来は一つ開けての角地がよい。 9:20
  ツーリストの個室と2万円の差は大きい。
201608070920_640.jpg



32 その後は売店に。9:25
  車利用の人たちも乗り込んできた。留守の間に雑魚寝部屋がどうなるか、お楽しみ。
201608070925_640.jpg



33 やっぱりこれだ。
201608070926_640.jpg



34 揚げたこ焼き400円はマヨネーズつきで本格的だった。
201608070931_640.jpg



35 10:30 いよいよ出港!
201608071043_640.jpg



36 天気も上々、波もない。
201608071306_640.jpg


浜松ナンバーのゼファー400の方と、ホンダのVFR800X(130万円)の方と
正午すぎまで酒盛。VFR1200Xだと、180万円するのか。
http://www.honda.co.jp/motor-lineup/

私のバイクが新車で税込み59万円という安さに驚き。今、大型だと100万円以上
の出費なのだ。



その後はゆっくりお風呂に入る。フェリー内では一番ゆっくりできる時間。



37 夕飯は一人ジンギスカン(1100円)
201608071744_640.jpg



38 ごはん大盛りご飯を頼んでしまった。どこかでマイナスしないと。
201608071746_640.jpg



39 後は夕日を見て 18:30
201608071830_640.jpg



40 18:49 
201608071849_640.jpg



41 すれ違う兄弟船を見れば、今日のフェリーでのイベントは終了 19:40
201608071940_640.jpg


後は、部屋に帰って眠るだけ。目が覚めたらいよいよ北海道。


ビールたくさん飲んだので、いびきをかきませんように。









2016.8.8(月)
北海道上陸第1日目
小樽→積丹→神威岬→ニセコ裏→黒松内→長万部→東大沼公園キャンプ場
北海道地図(白地図)1日目



42 小樽港到着が4:30 フェリーでは1時間前に部屋の電気がつき、アナウンスがある。
   550円カレーフェア―のカレーは、同じカレールーに違う具材を突っ込むだけなので、
   結局食べなかった。 4:05
201608080405_640.jpg



43 バイクと自転車の乗客に、これから下船可能とのアナウンス 4:45
201608080445_640.jpg




44 昨日、一緒に飲んだ栃木の方のVFX800 5:02
201608080502_640.jpg




45 同じ部屋だった若者の隼 これが最後のツーリングで、ヤマハのXSR800
に乗り換えるそうだ。 5:04
201608080504_640.jpg



46 とりあえずガソリン満タンと、朝ごはん 5:09
201608080509_640.jpg



47 24時間営業のコンビニはありがたい。 5:13
201608080513_640.jpg



48 小樽市内には24時間営業のスタンドもある。 5:37
201608080537_640.jpg



49 観光地気分で小樽運河 5:44
  朝の時間が早いので、小樽で少しゆっくりしてから出発してもよかったなと後で思う。
201608080544_640.jpg



50 道南を目指すライダーは少なく、多くは3回目以降のライダーだった。5:54
201608080554_640.jpg



51 このような風景が続く海岸線。でも北海道だぜ天気もいいし。やった!。5:58
201608080558_640.jpg



52 走り始めは、誰でも、ツーリング気分がめちゃ盛り上がる。
  初めは気づかなかったけど、かなり寒い、長袖着なきゃ。6:02
201608080602_640.jpg


まだ、6時なのね。


53 ずっとアフリカツインの人の後ろ 6:03
201608080603_640.jpg



54 ほぼ同じ風景が続く 6:27
201608080627_640.jpg



55 街道に出ていた「うにぶっかけ丼」の看板が気になり立ち寄った。6:31
開店は11時というのでお店に寄るのは無理。積丹だと朝早くから営業している
お店があると教えてもらった。また、一番有名なのは「みさき」さんだという。
201608080631_640.jpg



ぶっかけ丼は自分で、海水うにをお玉ですくって丼ぶりにするという、是非食べて
みたかった。(掬うのは1回限り)



56 内陸部に入ると、北海道らしい直線道路だった。対向のバイクが腕を振って
挨拶してくる。やっぱプロミス、いや、北海道だ。 6:38
201608080638_640.jpg




57 神威岬まであと少し 6:57
201608080657_640.jpg




58 残念 ゲートがしまっている。神威岬は8:00からなのだ。だったら途中のうに丼
のお店で食べてくるんだった。6:59
201608080659_640.jpg




59 前回も朝早かったので、こんなことあった。6:59
201608080659b_640.jpg




60 これ、マジでびびる。日本最強の動物。6:59
201608080659c_640.jpg




61 仕方ないので記念撮影。
  アブが多くて早めに退散。10匹以上はいただろう。7:01
201608080701_640.jpg




写真では写らないが、積丹はアブが多くて、おちおち休憩できない。
エンジンを掛けていると、バイクにアブが集まってくる。殺虫剤でぶっ殺したいくらい
の数である。これが現実


アブ、アブ、アブだらけ。アブ嫌い。




62 変わった岩 7:19
201608080719_640.jpg

やることなし。公衆トイレでは地元の猟師さん?大声で談笑中。
まじで声がでかい。


63 往路で気になったお店。おそるおそる玄関に入ると、なんと、営業していたのだ。
201608080721_640.jpg




64 前の客で、朝とれのウニはおしまいだった。次の入荷は9:30過ぎというので
  うに丼は食べられなかった。店内にはライダーの写真がいっぱい。
201608080721b_640.jpg




65 寝るか。7:32
201608080732_640.jpg




66 横になって5分もしたら、アブが集まってきた。あいつらは熱に集まるのか? 7:33
201608080733_640.jpg



アブだらけ、積丹はアブ。もう、それだけ。




67 積丹はアブだらけで、野外にライダー安息の地はない。
なぎささんに教えてもらった、浜寿司さんへ避難
201608080756_640.jpg




68 なぎささんのうに丼は2400円だった。こちらでは・・・
201608080742_640.jpg




69 ざるウニか・・・値段上がってるなあ
201608080744_640.jpg



70 うに丼を注文したら、ウニだけというのは勘弁してほしい言われ
しぶしぶ、ウニとヒラメ丼2300円を注文。
お汁は口にあわず、ぬるかった。7:46
201608080746_640.jpg



それでも、ウニは絶品でミョウバンに使っていないウニを食べるには、北海道西海岸
しかないので、それで満足。とろけるようなウニだった。



はて?、いつからこんなにウニが好きになったのか・・・真面目に考えてしまった。





71 ゲートが開き、神威岬に到着 8:05
201608080805_640.jpg



72 今回のツーリングでは、いきなりのメイン「積丹ブルー」だ。
岬までは徒歩往復40分、仕方ない。100円を払って坂を上る。
201608080806_640.jpg



私以外のみなさん、箱に気づかないのか、100円入れてなかった。



73 結構な坂道で、ライダーブーツには辛かった。
201608080809_640.jpg





74 無風はつらい。じりじり暑くなってきた。
201608080809b_640.jpg




75 ゲートをくぐると海風が、バーンと当たった。爽快だった。8:10
201608080810_640.jpg





76 おおっ、神威岬が見えたよ。 8:10
201608080810b_640.jpg




77 ふむふむ、あの黒いのはウニに違いない。
201608080812_640.jpg




78 天気がよくてよかったじぇい。
201608080810c_640.jpg




79 すれ違う人みんなと、挨拶を交わす。8:12
201608080812b_640.jpg




80 結構足元、すべる、すべる。ライダーブーツだから余計にすべる。
201608080813c_640.jpg




81 四国の佐田岬に比べればたいしたことないよ。8:13
201608080813d_640.jpg




82  どんどんいこう。
201608080815_640.jpg




83 この遊歩道は台風で崩れ、長い間歩けなかった。
201608080815b_640.jpg




84 昔の人は、よくも灯台まで通ったものだ。買い物にいって遭難したという看板。気の毒になった。
201608080816_640.jpg




85 写真を撮っている人が多い。積丹ブルーに憧れてきたのだろう。
201608080818_640.jpg




86 風が強く、気持ちいい。半端なく、ぶち当たってくる。
201608080821_640.jpg




87 これがリアル積丹ブルー!
201608080819_640.jpg




88 あと少し歩けば、神威岬に到着
201608080826_640.jpg




89 きれいだ 8:26
201608080826b_640.jpg




90 岩の上にカメラを置いてセルフタイマー、腹出てる・・・orz
201608080827_640.jpg




91 しばらく、海を満喫
201608080829_640.jpg




92 エメラルドのような海の色
201608080830_640.jpg




93 そろそろ帰ろうか。(誰に言ってるの?)
201608080831_640.jpg




94 帰り道だから気付くが、あんな危険なところを歩いてきたんだ。
201608080836_640.jpg




浜寿司で、私の後に入ってきた奥さんと遭遇。先ほどもお会いしましたねと・・・
よく覚えているものだなー。




95 結局、往復に1時間近く掛かってしまった。でも、それだけの価値はある。
201608080845_640.jpg

横浜から来たライダーの写真をとり、自分の写真を撮ってもらった。




96 神威岬を後に、ニセコ方面へ向かった。 9:31
201608080931_640.jpg
 


97 北海道と言っても激アツ。

  ガソリンスタンドのお姉さんに水を掛けてもらうが、外においてあった
  巻きホースの水が日光で温まっていて 50度くらいあった(笑)
  
  アッチッチで、ごめんなさい(笑)

201608081000_640.jpg




98 岩内町に到着 10:53 北海道らしい町並み
201608081053_640.jpg




99 道幅広くて、どこが歩道なのかわからない・・・
201608081053b_640.jpg




100 はっきりしない街区が北海道っぽいのである。
201608081053c_640.jpg




101 コンビニで休憩し、高知から来たカワサキNINNJA250の大学生と談笑
ずっと下道で敦賀まできたガッツマンだった。若者、頑張れ。
201608081056_640.jpg





102 ナビまかせでニセコのとても走りやすい道からとんでもない山道に・・・11:08
201608081108_640.jpg





103 20分走っても、対向車すらない。北海道の山道はとにかく不安になる。 11:10
201608081110_640.jpg



昼間でも、山中に1人きりはかなり怖いよ。



104 やっと峠に到着 11:13
201608081113_640.jpg





105 道道268かあ、ちょっと怖い道ではあったけど、楽しかった。
201608081113b_640.jpg




106 ずっと一人は不安、何か出る前に早く立ち去ろう。11:13
201608081113c_640.jpg



クマは、おばけより怖いよ。



107 ほんとに誰も通らない。
201608081123_640.jpg




108 なかなかやってくれるナビだけど、最短距離といえばナビのいうとおりなのだ。
201608081123b_640.jpg





109 またしても暑さの限界。公園があったので水浴び 11:37
201608081137b_640.jpg




110 これが夏だよね・・・ほとばしる水しぶき。夏だあ。
201608081137_640.jpg




111 蘭越町からのニセコアンヌプリ
201608081141_640.jpg




112 あついじぇい。まだ、お昼前 11:49
201608081149_640.jpg




113 バテたので小休止、カメラのバッテリー 充電しておこう 12:03
   黒松内道の駅
201608081203_640.jpg




114 焼きたてピザもあるようだ。
201608081203b_640.jpg




115 ピザは1人前でも1000円を超える。ムリ―、やっぱこれか。
201608081207_640.jpg




116 とりあえず席を確保 12:09
201608081209_640.jpg




117 330円ならモスバーガーのほうがいいかも。
201608081210_640.jpg




118 国道5号線 対向車も少なく、走りやすい。どんどんいく。
   でも、用心深く70㎞走行
201608081313_640.jpg




119 長万部到着。天候があやしい。弱きな私はすぐに方向転換、今日はホテルにしよう。 13:42
   長万部駅舎にあった観光協会の方はすごく親切だった。予約だけは自分で電話してほしいということ。
   この日は、高校生の大会があるので、ムリかもしれないらしい。
201608081342_640.jpg




120 かにめしも、今日は売り切れ。
201608081351_640.jpg




121 せっかくなので、長万部の温泉街に行ってみた。いきなり廃屋
201608081404_640.jpg




122 長万部温泉街のメインストリート 10軒くらいの温泉旅館があり。2食つきで1万円くらい。
ただし、どの旅館も食事が豪華だそうだ。
201608081404b_640.jpg



よくある、温泉街のストリップや、射撃場などの歓楽街はないのだよ。




123 高校生の女子バスケットでいっぱいだったので、宿泊はあきらめて、大沼公園へ 14:38
201608081438_640.jpg




124 途中の百均で、サングラスと二股プラグを購入
   このサングラス、メガネの上から掛けれて、なかなか売ってないんです。
201608081451_640.jpg




125 大沼公園近くオニウシ公園 森道の駅 16:08
   途中、一緒に走ったハーレーのご夫妻「キャンプ、大丈夫、大丈夫」だって。
201608081608_640.jpg




126 ローソンで、焼肉と野菜を買って東大沼キャンプ場到着 16:59
201608081659_640.jpg




127 結構広い まずは全体把握 売店も18:00まで営業してる。ビールもあるぞい。16:59
201608081659b_640.jpg




128 東南の角地ではく、平坦な土地をさがせ!17:00
201608081700_640.jpg




129 4年ぶり 組み立て説明図をどこかに入れてあるはずと、過去の自分を信じたい。17:13
201608081713_640.jpg




130 このくらいの混みようなら、なかなかいいよ。
201608081713b_640.jpg




131 テントの組立は、4年ぶりなので、ここまで組むのに50分掛かってしまった。
こつはグランドシートを大きく広げないことだった。
201608081752_640.jpg




132 トイレをチェック。無料なのに手入れが行き届いています。18:03
201608081803_640.jpg




133 用意したはずのライターが見当たらない。売店にいったら、ラッキー売ってた。
キャンプ場だからね。(その後、ライターを発見。確かに用意したのだよ。)18:11
201608081811_640.jpg




134 夕食は、一人ジンギスカン。まあまあの出来 外で食べればなんでもうまい。18:21
   近くでは大学生男子4人組がバイクの話で盛り上がっていた。
201608081821_640.jpg




135 暗くなってきたのでテントへ。虫も蚊もすくないキャンプ場 いいじゃん。 19:41
201608081941_640.jpg




136 テントは1人でも2人用以上を買ったほうがいいと思う。これは2人用、できれば3人用が吉
201608090434_640.jpg




137 買ったばかりのベープだが、プラ部分がぼろぼろ。
201608090439_640.jpg




駐輪場でビールを飲みながら他のライダーと情報交換。

お年を聞くと、78歳、71歳、68歳だと。無料キャンプ場では先輩方の長期滞在が多い。
50歳をすぎて、ライダーハウスというのも、あつかましい気がするので、キャンプの方
がいいのだろう。

他のブログでも書かれていたが、40歳を越えたら経済的にもゆとりがあるのだから
キャンプの避難はライハではなく、ホテルや民宿を利用すべきかもしれない。
レッドバロンのバイクステーションも、安くていいかもね。

今日はおしまい。お休みなさい。21:00







夜中、林の中から結構ないびき・・・グーグー
30mも離れているのに。





2016.8.9(火)
北海道上陸第2日目(赤いライン)
東大沼→知内町→福島町→松前町→東大沼
北海道地図(白地図)2日目



138 4時 起床。 しとしとと、雨が降っている。テントをたたむ音が聞こえる。
雨の中撤収作業はつらいが、予定があるのだろう。
201608090733_640.jpg



139 こ、このバイク。本物のバイカーに違いない。7:47 これでアジア各国も走ったという。
 写真の奥の京都からのTシャツの先輩(68才)が、「きみたちは、まだまだ、偽物だよ(笑)」と。
201608090747_640.jpg




140 これは、台所用品なのでは?
201608090747b_640.jpg



141 これは、アクリル板なのでは?
201608090747c_640.jpg



142 ライダーの出発。10㎞オーバーで捕まったことがあるので気をつけて
ということだった。
幸い、北海道内では捕まったことはない。その理由は、プラス10㎞のびびり
走行だから。7:58
201608090758_640.jpg



143 さ3日分の洗濯。ビニール袋があればどこでも洗濯は可能。
これも、キャンプの楽しみの一つ。8:20
201608090821_640.jpg



144 洗濯が終わり出発。できれば松前半島を一周したい。 9:16
201608090916_640.jpg



145 三回目にして、初めてキタキツネと1対1のご対面。9:20
201608090920_640.jpg



146 餌くれないかな?と寄ってきた。
201608090920b_640.jpg



147 あげない・・・。
201608090920c_640.jpg



148 けち。シャーと吠えて離れていった。
201608090921_640.jpg



149 大沼公園駅前 ちょっとだけお街。
201608090925_640.jpg



150 セブンイレブンで100円おにぎりセールをやっていて、ずいぶん助けられた。
201608090932_640.jpg



151 函館からは無料高速 10:05
201608091005_640.jpg



152 はーるばるきたぜ函館(きゃーらめる拾ったら箱だけ♪)10:08
201608091008_640.jpg



153 ここで給油。10:13
北海道はなるべく早めの給油が基本。燃料計で半分になったら給油すべき。
201608091013_640.jpg



154 天気もまあまあ 10:17
201608091017_640.jpg




155 同じ感じの道が続いた。10:19
201608091019_640.jpg



156 海岸線は流すけでも楽しめる。10:23
201608091023_640.jpg



157 40代のおじさんの軽が40~50㎞で、制限速度60kmの道を走っていた。
   携帯で話しながらはかなりの迷惑行為

   30分我慢したが、路肩からぶち抜いた。
201608091043_640.jpg



158 今回、北海道でたくさん見かけた。
のんびりおじさんの軽につきあっていた横浜ナンバーのNC700の方が到着
「よく、我慢できましたね。」と私
201608091047_640.jpg


やっぱり抜いてきたそうだ。
制限速度以下で走ることは法的には正しいのだけど、黄色のラインの道だと後
続車のストレスは必至



159 道路看板で、近くに温泉があることを知る。昨晩は風呂に入っていないので、
寄ることに決定。目的もないし、急ぐ旅でもなし。11:12 頭洗いたい。
201608091112_640.jpg



160 北島三郎のふるさと。1時間は滞在するので、ついでに充電しておこう。
201608091112b_640.jpg



161 お風呂の中には私以外誰もいない。なんかリッチ。12:05
201608091205_640.jpg



162 露天風呂も貸切。
201608091205b_640.jpg



163 これぞ、こもれび温泉 12:06
201608091206_640.jpg




164 入浴後、道道531を南下、もしかすると海岸沿いに松前まで行けるのではと錯覚した。
201608091303_640.jpg



165 行けなかった(笑) 知内町おそるべし。
201608091305_640.jpg



166 ご近所の方は親切に道を教えてくれた。
「江差を回る?江差まで3時間くらいかかるよ?」
「そんなに遠いんですか?」
ごはんを食べるところが、市街地でないとまったくないのが北海道
201608091309_640.jpg



167 海はきれい。13:09 この海のかなたに大間のマグロが泳いでいる。
201608091309b_640.jpg



168 しかたなく、こもれび温泉まで戻り。
201608091314_640.jpg



169 国道228は知内から福島まで内陸部を通る。13:24
201608091324_640.jpg



170 山中なのに暑くて死にそう。木陰で小休止 13:42
201608091342_640.jpg



171 電光掲示板 英文で運転中に携帯つかうな。while driving がちょっと気になった。
201608091345_640.jpg



172 福島町到着 先日亡くなられた千代の富士関の故郷である。13:53
201608091353_640.jpg


知らなかった・・・




173 ここでもう14時 江差はあきらめよう。
201608091354_640.jpg



174 立派な記念館は国道沿いにあるので、すぐにわかる。13:54
  相撲ののぼり旗はめだつから。横を通るまでまったく知らなかったことは秘密。
201608091354b_640.jpg



175 千代の富士関がお亡くなりになったので、入場料が無料だった。
201608091356_640.jpg



176 時間がなかったため、記名のみとした。13:57
201608091357_640.jpg



177 やばっつ、14時になる。キャンプ場には18時にはもどりたい。
201608091357b_640.jpg



178 昼食を食べてなかったので、本格的北海道ラーメンの看板があったこちらの
お店に寄ってみた。

今日は予定があるのでいつもより早めに閉店したということだった。

昼食抜き決定。
201608091410_640.jpg



179 松前海岸 14:19
201608091419_640.jpg



180 車は少ないがイエローラインなので、なんとか先頭に出ないことにはどうにもならず。
201608091425_640.jpg



181 白神岬は越前岬と同じく、普通に通り過ぎてしまった。特に観光施設があるわけではない。
 201608091425b_640.jpg



182 松前到着 14:31 結構走った気がする。
   江差までは無理だ。
201608091431_640.jpg



183 かみさんが松前漬けが好きなので、市内に入ってお土産店を探した。
201608091431b_640.jpg



184 魚料理のお店は月曜日でお休み。
リアル松前漬けは3日しか持たず、お土産は冷凍だけというので、それならネットで注文しても
同じで断念。14:33
201608091433_640.jpg



185 函館に戻る。青いインプレッサの後ろで10分くらい我慢。14:49
201608091449_640.jpg



186 一瞬グーグルカー?と思ったが、普通に電力会社の車だった。残念 15:15
201608091515_640.jpg




187 函館山が見えてきた。見方によっては江の島に見える。15:34
201608091534_640.jpg



188 あと少し走れば無料高速の入口。16:00 この時間になると涼しくなる
201608091600_640.jpg



189 高速の無料区間に入った。16:05
201608091605_640.jpg



190 羊蹄山と一瞬錯覚。ここは函館見えるわけがない。駒ヶ岳だ  16:09
201608091609_640.jpg



191 すばらしい とにかく、すばらしい。16:33
201608091633_640.jpg



192 函館本線の電車待ち。次の電車は15分後だそうだ。16:34
201608091634_640.jpg



193 今回のベストショット。大沼公園と駒ヶ岳 16:37
201608091637_640.jpg



194 キャンプ場に到着 17:08 今日は設営がないので、ゆっくりできる。
201608091708_640.jpg



195 夕飯は、やっぱり野菜炒めとビール 栄養も考えないとね 18:50
201608091850_640.jpg



196 ウインナーも焼いちゃおう。これって地味にうまい。19:03
201608091903b_640.jpg



197 今日もいい天気だった。お休みなさい。
201608091903_640.jpg









2016.8.10(水)
北海道上陸第3日目(緑のライン)
東大沼→噴火湾パノラマパーク→豊浦町→洞爺湖→仲洞爺キャンプ場

北海道地図(白地図)3日目


曜日感覚が無くなってきた。今日は何日?

ツーリングのメモも最初はたくさん書いていたが、だんだん少なくなってきた。
これって、ツーリングあるあるだよね。



198 4:00に起きてテントを片づける。テントが濡れていたので、1時間くらいかかってしまった。
201608100512_640.jpg



199 6:08出発、忘れものはない。
201608100608_640.jpg



200 せっかくなので、駒ヶ岳を一周して洞爺湖に向かう。
201608100613_640.jpg



201 山頂は雲に覆われていた。
201608100615_640.jpg



202 山間部でも平坦なところは直線道路になっている。6:40
201608100616_640.jpg



途中のローソンで朝食。
地元のライダーだろうか、ヘルメットをかぶったまま入店し、トイレだけ使って何も買わずに
出発していった。そんな人、静岡では見ない。自由人だ。



203 いつも食事はおにぎりばっかり。6:29
201608100629_640.jpg



204 早朝の道路は気持ちいい。6:51
201608100651_640.jpg



205 噴火湾が見えてきた。6:54
201608100654_640.jpg



206 海が見えるところにバイクを停める。
201608100656_640.jpg



207 洞爺湖方面
201608100656b_640.jpg



208 羊蹄山だと思うが・・・
201608100657_640.jpg



209 せっかく広いスペースがあったので・・・テントを干す。7:05
201608100705_640.jpg



210 今日の予定は洞爺湖に行くだけなので、時間はたっぷりある。
201608100717_640.jpg



211 駒ヶ岳、また来るよと、心に誓う。7:22
201608100722_640.jpg



212 ここしか道路がないので、車が多くなってきた。8:00
201608100800_640.jpg



213 八雲町にある噴火湾メモリアルパークに寄ってみた。8:05
201608100805_640.jpg



214 ちょうどいい感じでテント干し場があった。
201608100806_640.jpg



215 急ぐ旅ではない、1時間くらいゆっくりしよう。
201608100810_640.jpg



216 テーマパークからの噴火湾 8:13
201608100813_640.jpg



217 「自動販売機はどこですか?」トイレ掃除の方に聞いてしまった。
 景色に溶け込みすぎでしょ。
201608100858_640.jpg



218 テントを干していたら「ガッシャーン」って どうした?
201608100901_640.jpg



219 帰省中の大学生が母親の車で事故っていた。。
アブが車内に入り、驚いてハンドルを切ったようだ。極力窓は開けないほうがよいと思う。
修理するより、買い換えたほうが安い。
201608100905_640.jpg



その後、施設の職員2名に応援を頼み、いろいろ片付けた。

大学生はパニクッてずっと父親に電話していたので、そっと現場を離れた。

5分ほどで警察がきたので、あとはなんとかやるでしょ。
すみませんの一言もなかったが、社会経験を積めば、いつか言えるでしょ。




220 同一方向に走るライダーたちを、引き離し、長万部駅に到着

信号待ちで、どうして前に出ないのだろう。車の後に並ぶと、追突
されたときにサンドイッチになっちゃうよ。
(と、言いたかったけど、大人だから我慢した(笑))
201608100951_640.jpg



221 北海道では汽車を見るのが稀。本数が絶対的に少ない。
201608101000_640.jpg



222 一昨日に買えなかった長万部駅前のかにめしのお店に到着 10:02
201608101002_640.jpg



223 かにめし、かにめし
201608101003_640.jpg



224 ゲットおおおお。10:04 どこか公園で食べよう。
201608101004_640.jpg



225 長万部から豊浦町までは北海道らしい道。10:56
201608101056_640 (2)



226 天気がいいから、気分も最高。
201608101056_640.jpg



227 豊浦町到着 11:26
201608101126c.jpg



228 引き返して豊浦町噴火湾展望公園へ ラーメンの看板があったから、きっと
お弁当食べることができる。11:28
201608101128.jpg



229 なんとなく貸切。ふふふ 11:30
201608101130.jpg



230 館内は冷房が効いていて、いい感じ。
201608101133.jpg



231 売店のお姉さんに一瞥された。何か頼まないといけない雰囲気 どーしよー
201608101134.jpg



232 町営だけあって、メニューも安い。
201608101135.jpg



233 カニ飯とホタテラーメン(500円)ホタテラーメン やってはいけない炭水化物コンビネーション
SBSH0280_640.jpg



234  ラーメン500円なのに、ホタテが2個も・・・
SBSH0281_640.jpg



235 かにめし うまい!、もうそれだけ、うまい、うまい。
201608101136c.jpg



236 食後は展望台へ 
201608101226.jpg



237 内浦湾、噴火湾どちらが正しいのだろう。
201608101226b.jpg



238 豊浦町のビーチとキャンプ場が見える。
201608101226d.jpg



239 ちょうど湾を一周したことになるのか。
201608101226e.jpg



240 洞爺湖サミットのホテルも見えた。
201608101226f.jpg



241 羊蹄山
201608101226h.jpg



242 豊浦町市街地
201608101226g.jpg


243 キャンプ場には温泉施設も隣接。スーパーも近くにあるので、家族連れには喜ばれ
そうだ。
201608101226i.jpg



244 ちょうど列車が入ってきた。12:26
201608101226j.jpg



245 豊浦町はボクシングの内藤選手の故郷だった。
201608101251.jpg



246 海岸のキャンプ場へ
201608101300.jpg



247 ここではロンリーおじさんは泊まれない。洞爺湖に行くか。13:01
201608101301.jpg



248 あっという間に洞爺湖到着。サミット道路だと思うが新しいトンネルができていた。13:20
201608101320.jpg



249 湖岸の美しい景色に目を奪われる。13:20
201608101320b.jpg



250 羊蹄山
201608101320c.jpg



251 なんやらバイクが動いている。微妙に傾きが増しているのだ。
201608101321.jpg



252 危ないところだった。こんなにも舗装が弱いのか。13:21
これが、うわさの、北海道のやわらかい舗装なのだ。
201608101321b.jpg



253 洞爺湖温泉街を抜けて、昭和新山。13:29
201608101329.jpg



254 せっかくなので、もう少し近くへ。13:33
駐車場は有料だったので、Uターンして、仲洞爺キャンプ場へ向かった。
201608101333.jpg



255 キャンプ場到着 14:05 ここが管理棟 2泊分の料金900円を支払う。
201608101409.jpg



256 こちらが温泉施設 キャンプ場の隣が温泉なんて・・・夢のよう
201608101405.jpg



257 スタッフはキャンプ場の人が掛けもち。
201608101404.jpg



258 まずはバイクをとめなきゃ。
201608101406.jpg



259 ちょうどよい角地をゲット!14:07
201608101407.jpg



260 これを忘れちゃいけない。
201608101408.jpg



261 グランドシートを乾かしてなかった。熱いアスファルトと直射日光で、ものの10分で
乾燥した。
201608101411.jpg



262 荷物搬入用のリアカーが5台くらいあり、助かった。
いろいろ分らないことが多いので、キャンプ場には15時くらいには到着したいものだ。
201608101410.jpg



263 まず、平たんな土地探しから。いい土地をみつけたが、ガラスの破片とかもあった
ので、グランドシートを広げる前に、テント下と、上の木の状態を見極める必要がある。

土地探しは、はっきりって、目利きが必要。

201608101424.jpg



264 2回目の設営は手慣れたもの。1回目の片づけの際に逆再生で構造が頭に入る。15:28
201608101528.jpg



265 利用者はこの札をテントにつけなくてはならない。
しかし、テントにつけると破れるだろう。
201608101529.jpg



266 大沼に比べ、同じ湖畔とはいえ、洞爺湖の方がスケールが大きい。
201608101529b.jpg



267 有珠山もよくみえる。
201608101530.jpg



268 水もきれいだ。道南の河川は道東の茶色のイメージではなく、本州の川に近い。
201608101531.jpg

 

269 水場をチェック。
201608101533.jpg



270 薪で煮炊きをする場合は、ここを利用しなけばならない。
最近では、どのキャンプ場も直火は禁止している。その上にはテント張れなくなる。
201608101534.jpg



271 リアカーは助かるが、右側のはどう考えても一人では引けないと思う。
201608101535.jpg



272 次々にライダー到着。レプリカにすごい荷物の量だ。フレーム折れそう。
201608101543.jpg



273 今日の夕食は手抜き。15:50
201608101550.jpg
 


274 仲洞爺キャンプ場は、ペットと自動車乗り入れ可能ブロックと不可能ブロックが川で
分けられている。
最初は、バイク乗り入れ可能ブロックに入り込んだが、サイドスタンドがずぶずぶと埋ま
ってしまい諦めた。
201608101608.jpg



275 小さな湾になっているので、ペットOKサイドの洞爺湖の波は穏やか。
201608101609.jpg



276 荷物いっぱいのR6はS大学の4年生で、娘と同級生だった。
201608101611.jpg



277 やっぱり自分の愛車は近くに置いておきたいらしい。私は安いバイクのせいかそうは
思わないが・・・。
201608101612.jpg



278 上野からCB400SFで来ている71才の方 テントもユニークだが、ベッドも
エアーマットで厚さ10cm位あった。昨晩は私と同じ大沼にいたらしい。
この人も、後に出てくるGSXRの人と同じくらい、いい人だったので、アドレス交換でもしておけばよかった。
201608101613.jpg



279 GB250できた女子大学生がテントを張っていたので、どれどれと話しかけた。
R6の大学生と同い年。
「テントを張る場合は、まず、上を・・・、ここ、やめたほうが、R6の学生さんの隣に
しんしゃい。」とおせっかい。
201608101701.jpg



280 500㏄のビールを2人に差し入れし3人で小一時間の小宴会。
大学生はいろいろ人生に不安を持つとき。これから就活の2人はいろいろ大変。

2人とも北海道は初めてで偶然にも工学部という。リケジョはたくましい。
201608101932.jpg


あと、1時間で温泉施設を閉店するという放送が流れ、急いでお風呂に向かった。

いいお湯だったがエアコンがない!、コンセントにも「充電禁止」の表示。
入浴後、汗が出てぐだぐだになった。

洗い場も、6つしかなく、洗い場待ちの人だかり。明日は空いてる
時間に入ろうと思った。





2016.8.11(木)
北海道上陸第4日目(紫のライン)
仲洞爺→ウインザーホテル→室蘭→うに丼→中洞爺
北海道地図(白地図)4日目



完全に曜日感覚がなくなった。
ツーリングメモも白紙。

このまま、1か月北海道にいるように。という命令があれば
御意とはいいながら、絶対喜んでいる。

281 4時に起床。周りのテントチェック。一人旅はこうでなくては。4:34
201608110434.jpg



282 個性的なテント素敵だが、小学生の動きを考慮していないロープの張り方は
すばらしい。それに、テント4つは張れそうなスペースを使用。真似できない。4:35
201608110435.jpg



283 有珠山 4:36
201608110436.jpg



284 洞爺湖温泉
201608110437.jpg



285 洞爺湖は穏やか。大沼公園では波の音で夜中に目が覚めた。
201608110438.jpg



286 もうすぐ日の出
201608110443.jpg



287 温泉裏の芝生広場には少女のブロンズ像。
201608110444.jpg



288 題名は「夏」  ハッとした。4:45
201608110445.jpg



289 これは、デフォルメ(笑)。
201608110446.jpg

koshishimashita.blog.fc2.com/img/201608110449.jpg/" target="_blank">201608110449.jpg



291 そんなことをヨコシマに思っていたら太陽が昇ってきた。4:48
201608110448.jpg



292 洗濯後、ツーリングに出発。(この後のキャンプ場の変化にこの時は気づかず。)6:01
201608110601.jpg



293 シュラフを結んでいたひもをつなげて洗濯ロープをつくった。
長期滞在には洗濯ロープと洗濯バサミは必需品。
201608110601b.jpg



294 今日もいい天気になりそう。6:04
201608110604.jpg



295 今日、明日と仲洞爺キャンプ場に連泊、室蘭に行く以外に特に予定はない。
201608110603.jpg


ガツガツと観光地を回るツアーは卒業



296 きれい。
201608110602.jpg


洗い場で女子大生と再会。昨晩、お風呂から上がってめまいがしたそうだ。
ツーリング疲れじゃないかと思う。




297 室蘭に向けて出発 6:21
201608110621.jpg



298 ナビで見る洞爺湖はドーナツのよう。
201608110623.jpg



299 ウインザーホテルに向かった。6:29
201608110629.jpg



300 札幌は遠くない。
201608110629b.jpg



301 坂の途中から
201608110639.jpg



302 洞爺湖
201608110639b.jpg



303 洞爺湖の北側は高原(台地)のように平坦になっている。
201608110640.jpg



304 羊蹄山
201608110640b.jpg



305 ウインザーホテルは、台地のまだ上。どこから上るのだろう。6:42
201608110642.jpg



306 途中にあったサイロ展望台 6:45
201608110645.jpg



307 朝の洞爺湖
201608110646.jpg



308 遊覧ヘリコプター 思ったより小さい。
201608110647.jpg



309 ウインザーホテルへの道はわかりにくかったが、一本道だった。
201608110656.jpg



310 ホテルに到着 7:02
201608110702.jpg
 


311 ホテルロービーへの回廊
201608110712.jpg



312 ライダージャケットと皮パンは場違いだ。
201608110713.jpg



313 おしゃれなロビー
IMG_7199_640.jpg




314 高そう。
201608110713b.jpg




315 ロビーからの景色は、それほどでもない。
201608110713c.jpg



316 洞爺湖も見えるが・・・
201608110714.jpg



317 1泊3万円以上のこのホテルは、外国人が多いということだ。
201608110715.jpg



318 エレベーターで最上階へ
201608110716.jpg



319 噴火湾が良く見えた。
201608110717.jpg



320 駒ケ岳
201608110721.jpg



321 サミットコーナーがあった。
201608110730.jpg



322 歴代のサミットの写真があった。写真に写っている人より、裏方の苦労が
偲ばれる。
201608110729.jpg




323 そろそろ、おいとまとしよう。
201608110731.jpg



324 一生泊まることはないだろう。 
201608110732.jpg



325 この格好ではね・・・7:46
201608110746.jpg



326 道の駅あぷた。気になる「うに丼」の看板あり。8:17
201608110817.jpg



327 営業時間は何時なんだろ。8:18
201608110818.jpg



328 11:00~14:00の3時間 きびしい。8:19
201608110819.jpg



329 有珠山 今は静か。8:31
201608110831.jpg



320 コンビニおにぎり朝食。1個100円フェアはありがたし。
201608110839.jpg



321 コンビニのおねーさん。超美人。
「美人ですね。」と言ったら、「動揺しました。」で、小銭をばら撒いた。
201608110840.jpg



山にいるとみんな美人に見るが、本当に美人だった。
322 昭和新山。8:51
201608110851.jpg



323 室蘭に急ぐ。14:00までに帰ってうに丼だ。
201608110904.jpg



324 途中、白鳥大橋の展望台があったので、立ち寄る。
201608110910.jpg



325 白鳥湾なのね。
201608110911.jpg



326 昼間ならきついな。
201608110912.jpg



327 室蘭の工場(北海道では、水産加工工場ばかり見る気がするけど。ここは違う。)
201608110913.jpg



328 地球岬方向
201608110914.jpg



329 駒ケ岳
201608110915.jpg



330 結構、観光ポイントも多い。
201608110917c.jpg



331 白鳥大橋を渡る 9:20
201608110920.jpg



332 天気がよかったと思うしかない景色。9:20
201608110920b.jpg



333 片手で撮影するのは難しい。
走りながら撮影するのは、今回が最後。
201608110921c.jpg



334 道の駅みたら室蘭による。
201608110929.jpg



335 測量山方面に向かって、見つけた展望台 9:48
201608110948.jpg



336 白鳥湾の入り口にあたる。
201608110948b.jpg



337 有珠山方面
201608110948c.jpg



338 外海(太平洋に面していて、水がきれい。)
201608110948d.jpg



339 こんないいところに、アパートが・・・
201608110948f.jpg



340 ズームすると蛍族
201608110948g.jpg



341 絵柄岬というのか・・・
201608110950.jpg



342 ナビ任せで測量山へ。いきなりダート 9:55
201608110955.jpg



343 こりゃむり。
201608110955b.jpg



344 測量山は見えているんだけど。
201608110959.jpg



345 今度は正しい道のようだ。9:59
201608110959b.jpg



346 山頂に到着 10:04
201608111004.jpg



347 なかなかの景色 室蘭港
201608111004c.jpg



348 測量山のいわれ。
201608111005.jpg



349 まだ上がありそう。
201608111005b.jpg



350  ちょっと厳しい階段。10:05
201608111005c.jpg



351 噴火湾方面
201608111007.jpg



352 先ほどいた絵柄岬方面
201608111007b.jpg



353 地球岬方面
201608111007c.jpg



354 あんなところに展望台発見!10:07
201608111007d.jpg



355 室蘭港
201608111007e.jpg



356 白鳥大橋
201608111007f.jpg



357 昔の作りで、安全基準が甘い。
201608111009.jpg



358 回廊の柵が低くて、クラッとします。高所恐怖症の人はやめた方がいいかも。
201608111009b.jpg



359 クラクラ~
201608111009c.jpg



360 確かに景色はいいけど。
201608111009d.jpg



361 高さは約200m
201608111013.jpg



362 うに丼の時間制限がある、地球岬に急ごう。10:14
201608111014.jpg



363 せっかくなので室蘭の市街地めぐり 10:35
201608111035.jpg



364 ここが旧市街の一番の繁華街
201608111035b.jpg



365 寂れてた。
201608111035c.jpg



366 シャッターが多い。大型ショッピングセンターの影響大
201608111035d.jpg



367 メインの交差点が・・・空き地
201608111035e.jpg



368 今日のメイン。地球岬に急げ。
201608111041.jpg



369 時々1車線の狭い道路を通る。タクシーとすれ違った。
201608111041b.jpg



370 先ほどいた測量山が見えた。
201608111041c.jpg




371 72倍ズーム、展望台の人まで見えた。
201608111042.jpg



372 クラ~となっていることだろう。
201608111042b.jpg




373 地球岬到着。
岬はどこでもライダーが集まる先端部分 10:47
201608111047.jpg



374 観光客を呼び込んでいた。
201608111048.jpg



375 ん?怪しすぎる。
201608111048b.jpg



376 観光地そのもの
201608111049.jpg



377 岬に行こう。
201608111050.jpg



378 中国語ばかり聞こえた。
201608111050b.jpg



379 半数以上が中国人
201608111052.jpg



380 この人も・・・中国の方
201608111052b.jpg



381 絶景。天気がよくてよかった
201608111053.jpg



382 大沼公園方面
201608111053b.jpg




383 噴火湾 毛ガニが旬
201608111053c.jpg



384 絶景
201608111053d.jpg



385 気になる道発見!
201608111053e.jpg




386 何かあるのか。
201608111055.jpg



387 結構な登り坂
201608111056.jpg



388 ここもアブだらけ 10:56
201608111056b.jpg



389 残念、何もなーし。どうしてみんな登っていたんだろね。
201608111058.jpg

 

390 地球岬から室蘭市街への帰り道に展望台発見!
201608111111.jpg

 

391 チャラツナイ?
201608111111b.jpg



392 絶景には違いなし。
201608111111c.jpg



393 冬は厳しそう
201608111112.jpg



394 ルートを間違えた。
201608111114.jpg



395 室蘭駅はモダンな駅舎
201608111119.jpg



396 私は昔風の駅舎のほうがいいと思う。稚内駅も・・・
201608111119b.jpg



397 地元民だけど、しらん。浜松餃子だって最近だし。
201608111121.jpg



398 白鳥大橋、
  うに丼が残っているか気になってしまい、ダッシュで通過。
201608111129.jpg



399 うに丼が・・・気になった。
201608111129c.jpg



400 うに丼残っているのか?
201608111204.jpg



401 レジは大混雑、うに丼目当ての客とお土産行列
普通サイズは1850円、男性のほとんどが3150円のうに丼を注文
うにはプリン体が多く、本当は体に悪いのだ。
201608111208b.jpg



402 あとはうに丼が到着するまで待つのみ
201608111213.jpg



403 エアコンは、天然のエアコン(窓開けただけ)。北海道ならでは
201608111213b.jpg



404 あっちも、こっちもうに丼待ち。
201608111213c.jpg



405 時間がかかりそうなので、デジカメが充電できそうなところ探したが・・・
201608111213e.jpg



406 こんな地図はあっても、コンセントはなし。
来年は、バイクのバッテリーから充電できるシステムを構築しないと・・・
201608111216.jpg



407 10分ほど待ってうに丼到着
201608111218.jpg



408 お勧めの食べ方は、1皿はご飯の上に乗せてうに丼に、もう一皿は刺身でいただく。
201608111218b.jpg



409 ご飯に乗せてみた。
201608111218c.jpg



410 ミョウバン漬けになってしまっていたが、新鮮なので、甘い。
201608111218d.jpg



411 満足したが、途中で見かけたラーメン屋も気になっていた。
201608111237.jpg



412 この看板に目をやられる観光客は私だけではない。
201608111244.jpg



413 気になったラーメン屋に到着 12:59
201608111259.jpg



414 ほぼ満席で、誰も食べていなかった。30分以上は待ちそうなのでパス
201608111259b.jpg



415 海水浴場の看板があったので、海へ。
子供が中学生になってからは、海もプールも行かなくなり、泳ぐことはなくなった。
201608111308.jpg



416 小学生の頃に海に連れていきましょう。
201608111308b.jpg



417 いい感じの道
201608111308c.jpg



418 調子に乗って走っていると、ダートになった。
201608111308d.jpg



419 気になったラーメン屋②
北海道ではこのような専門店を都市部しか見かけないので、街道沿いにあると目に入る。
201608111320.jpg



420 客は、私だけだった。
201608111327.jpg



421 量は多かったが、味は好みではなかった。
201608111337.jpg




422 昭和新山経由で、キャンプ場に戻った。13:41
201608111341.jpg




423 昭和新山
201608111346.jpg



424 この後、キャンプ場では・・・恐ろしいことが。13:46
201608111346b.jpg



425 げっ、昨日は誰も張っていなかった銅像前が・・・
201608111400.jpg



426 めっちゃ、めちゃ混んでた。14時だろ。そうか、今日は山の日でお休みだ!
201608111401.jpg



427 テントにもアリンコがいっぱい。
201608111403.jpg



428 足の踏み場がない。水場に行くにはアスファルトを通ったほうが近い。
201608111403b.jpg



429 住宅密集地のようだ。
201608111403c.jpg



430 私のテントの周りは、貧乏オーラが出ていて誰も近づいた気配なし。
201608111404.jpg



431 湖で泳げば、べたべたはしない。
201608111405.jpg



432 有珠山 14:05
201608111405b.jpg



433 今日の食料の買い出し。
201608111447.jpg



434 洞爺湖は少々波があり。
201608111456.jpg



435 駐車場も車が多かった。
201608111504.jpg



436 昼食に食べすぎなので、トン汁とサラダだけ 17:40
201608111740.jpg



437 やっとこれを飲むときが来た。
201608111740b.jpg



438 セイコーマートの食材は、地味にうまい。
201608111740c.jpg



439 こんなに密集していてイビキが気にならないのか。
201608111755.jpg



440 一年で一番混雑するとき。
201608111815.jpg



441 夕食も終わったので周囲を散歩。
201608111825.jpg



442 GSXRのライダーさん到着
201608111826.jpg


この方、いい人オーラが出ていた。

荷物満載で起こせなかったので、手伝っていたら、強面の兄さんが飛んできて、一緒に
起こしてくれました。この人もいい人だ。



443 札幌ナンバーなので、地元の方もキャンプするんだ。
201608111826b.jpg



444 札幌ナンバーのGSXRのお兄さんが、サバとイカを焼いてみなさんに振る舞ってくれたが…
焼けたとたんに網をひっくり返して、全部、土の上。
大丈夫、大丈夫、洗えば食べれるよって私のフライパンで焼きなおし。20:56
201608112056.jpg


サバやイカを地面に献上して落ち込んでいたので、大丈夫という
私と一緒に上野から来たCB400SFの尖がりテントの方も、大丈夫
大丈夫と手伝ってくれた。


これぞ、キャンプ(笑)





第5日目(仲洞爺~登別~苫小牧)
2016.8.12(金)
北海道上陸第5日目(オレンジのライン)
今日は移動距離は少なく、150㎞程度として登別温泉でゆっくりする計画。(このとき、
夜は千歳に泊まると信じ切っていた。)
北海道地図(白地図)5日目


昨晩、トイレに起きた際、初めて天の川を見た。夜中の3時、満天の星。
流れ星、人工衛星、みんな見えた。人工衛星は早く動くものと、太陽と同じようなスピード
で動物がある。

流れ星はいろいろな方向に流れ、尾の長いものは空の4分の1から3分の1に達するかという
長さだった。

30分くらい地面に仰向けになり、星を観察した。星座表を持ってくるんだったな。

4:00に起床し、静かにテントを片づけ始める。
木の下にテントを張ったので、朝露にまったく濡れていない。
芝生にテントを張った人は、やっぱり濡れている。木の下ってそんなメリットがあるのか。
知らなかった。



445 昨日は、バイクは倒すし、バーベキューは倒すしで散々だったという。
大丈夫、大丈夫、きっといいことあるよ。神は見ていると私は思う。
201608120557.jpg



446 この71歳のCB400SFの方も助けてくれた。
この方、昨晩は、KYな家族連れにテントの周りを囲まれ、犬2匹は吠えるは騒がしいわ
で、見るに見かねて私のテント近くに誘導した。

キャンプ場を自宅の庭だと思っている人も、いる。自分たちだけがそこにいるわけではないの
だよ。
201608120557b.jpg



447 簡単な朝食で出発 6:09
201608120609.jpg



448 今回のキャンプはこれでおしまい。次回は最終日は小樽でテント泊にしよう。6:14
201608120614.jpg



キャンプは面白い!
なんだかんだで、人とのふれあいがある。
ビジネスホテルに泊まるなんて、勿体ない。




449 7時 さあ、出発、登別温泉に向かってGO!
201608120714.jpg



450 左折、左折。仲洞爺キャンプ場、よかったよ。
201608120722.jpg


本当にいいキャンプ場だった、ここはまた来よう。



451 北海道らしい風景に遭遇
201608120736.jpg



452 夏の間に巻いておくんだよね。
201608120736b.jpg



453 ナビ任せでオロフレ峠を目指す。 7:36
201608120736c.jpg



454 なんか、道が違う気がするなあ。
201608120745.jpg



455 途中曲がり角あったかな。 7:45
201608120745b.jpg



456 やっぱり道間違えてたー。 ホロホロ山荘だよ。10km戻り。
201608120753.jpg



457 せっかくなのでお風呂に寄って帰ろう。7:59
201608120759.jpg



458 入浴は10時から。無理だった。7:59
201608120759c.jpg



459 タヌキが轢かれていて、それに驚いて道を見落としたんだ。
201608120812.jpg



460 ほぼ、貸切状態。
201608120820.jpg



461 峠近くの展望台へ 8:22
201608120822.jpg



462 やっぱり誰もいないので怖い。
201608120823b.jpg



463 熊はでないよね。
201608120827.jpg



464 登別カルルス 津村のバスクリンだな
201608120827b.jpg



465 オロプレ峠に到着 8:31
201608120831.jpg



466 雄大な景色
201608120831c.jpg



467 少し寂しいのが玉に瑕
201608120832.jpg



468 登別カルルス温泉に到着 8:46
201608120846.jpg



469 有名な鈴木旅館、たちゴケするところだった。バイクの重さを忘れていたのだ。
今日は荷物が満載だった。
201608120851.jpg



470 こちらも入浴は午後からだという。残念。
201608120851c.jpg



471 登別温泉到着 9:10
201608120910.jpg



472 駐輪場がない。というか、予想外にお金を取られてしまうのだ。
それは、なんか、納得できない。
201608120910b.jpg



473 そっと、山の隅に停めて、地獄谷をちょっとだけ見学 9:13
201608120913.jpg



474 地獄谷の模型
201608120914.jpg



475 とにかく熱そうなのだった。 
201608120914b.jpg



476 日和山展望台 9:23
201608120923.jpg



477 山から水蒸気が出ている。
201608120925.jpg



478 あそこでは泳げないだろう(笑)
201608120928.jpg



479 クッタラ湖 名前が面白いが、あいにく山の上の天気は曇りだった。9:31
201608120931.jpg



480 入る川もなく、出る川もないという不思議な湖
201608120932.jpg



481 湖畔に下りる(というか、道なりに走ると湖畔に行くよ。)
摩周湖よりきれいという湖なのだった。
201608120939.jpg



482 泳いだら気持ち良さそうだけど、遊泳禁止
201608120939b.jpg



483 確かに水はきれい。9:39
201608120939c.jpg



484 登別に戻って温泉に・・・
201608121032.jpg



485 何軒かホテルに行ったら、どこも日帰り温泉は受け付けていないか、午後かららしい。
午前中に入浴できるのは、ここのみ。
201608121134.jpg



486 近代的なビルなんだが・・・
201608121134b.jpg



487 中はいい感じだった。
201608121036.jpg



488 受付のご主人も親切な人でした。北海道は基本的にみなさん親切。
201608121036b.jpg



489 効能などを読み・・・
201608121036c.jpg



490 風呂の案内図を頭に入れて・・・
201608121036e.jpg



491 昔の人は美人が多い。
201608121036f.jpg



いいお湯だった。私がこれまで入った温泉ではかなり評価が高い。
ただ・・・事件が2つ

1つ 隣に座っていた若者が、「ここの湯船と、そこの湯船、何が違うんですか?」
といきなり質問してきた。温度が違うって書いてあるのに。
大体、ここに入っているのは、みんな観光客だっての。

2つ 洗面台の隣のじいさん、自分の家のお風呂のように、風呂桶にお湯をいれて
アワのついた鏡に、バシャーンと。

当然、隣に座っていた私に、バシャーンとお湯が掛かった。8割くらい被った気が
する。

つい「おいっ」って言ってしまったけど、普通はすみませんだろ。
小学生じゃあるまいし。

それがなければ、いいお風呂だったのに。



492 入浴後は、登別の温泉街を散策 11:35
201608121135.jpg




493 クマ牧場は温泉街の中心にあった。
201608121136.jpg



494 一番目立ったホテル。ここは日帰り入浴はやっていないと。
201608121138.jpg



495 登別を出発し、何か・・・物足りない。
 あっ、お風呂セットを脱衣所に置いてきた。急いで戻った。
201608121152.jpg



496 後は、千歳に行ってゆっくりしよう。12:06
ラーメン専門店と書いたお店があったが、地元民でいっぱい。あきらめた。
201608121206.jpg



497 登別から苫小牧への道
201608121212.jpg



498 カニの看板が多いが、お値段はかわいくない。(1匹5000円くらい。)
201608121215.jpg



499 ちょっとだけ海の近くに
201608121217.jpg



500 テトラポットで、これ以上行けず。
201608121218.jpg



501 ツーリングマップにあった自動車学校の足湯も・・・
201608121230.jpg



502 営業してなかった。
201608121231.jpg



503 お腹が空いたので、途中のお寿司屋さんをのぞいが、お客が0人
やめた。
201608121236.jpg



504 苫小牧市内のセブンで、またまた100円おにぎり。 13:02
今日のホテルは千歳の・・・・

おいおい、苫小牧だよ。今日のホテルは。
ここで、確認してよかった。

201608121302.jpg


505 東横イン苫小牧に到着 14:25
201608121425.jpg



506 苫小牧駅前のデパートは改装中 まだ部屋には入れないそうだ。
201608121425b.jpg


15時になったらチェックインできた。


507 時間が早いけど、久しぶりのベッド 2時間くらい寝た。 15:07
201608121507.jpg



508 起きると、玄関にはたくさんのバイク 19:20
201608121920.jpg



509 苫小牧市内で夕食。久しぶりにうまいものが食べられる。
201608121937.jpg



510 こちらのお寿司屋さん、安いが・・・
201608121944.jpg



511 タバコOKのお店だったので、ほとんどのお客さんが喫煙者。
 北海道は喫煙率高いと思ったが、喫煙OKの店だから集まるみたい。
201608121957.jpg



512 絶品うに丼。安かった。1800円
201608121945.jpg



513 市内を散歩。6年ぶりの苫小牧。街が変わっていた。20:28
201608122028.jpg



514 もう少し飲めそうだったので、2軒目へ
201608122035.jpg



515 しゃれたカウンター
201608122036.jpg



516 地酒でも。
201608122042.jpg



517 頼んだが、結局、気持ち悪くなって飲めず。
201608122042b.jpg



518 イカそうめんと
201608122047.jpg



519 900円のシシャモ。
カラフトシシャモではなく本物だが、味は同じだった。
201608122054.jpg



520 シシャモ3尾より、こちらのズワイガニのてんぶらの方が安い。
201608122059.jpg



521 こんな横丁もできてた。屋台村だ。
201608122126.jpg



522 八戸にもこんなところがある。フェリーは苫小牧~八戸なので
201608122126b.jpg



523 ホテルに戻るとバイクがいっぱい。苫小牧にフェリーが到着たようだ。22:14
201608122140.jpg






北海道上陸第6日目(苫小牧~新潟)

北海道地図(白地図)6日目



524 フェリーの乗り込みが9時から、8時30分には小樽に着く必要があった。

苫小牧から小樽は110㎞以上あるから、6時30分に朝食を食べ始めたでは
とても間に合わない。5:47

「朝食は諦めるか。と、ロビーをフラフラ

できたものから召し上がって構いません。と、神対応だった。
201608130547.jpg



525 焼きそばも食べてOKだって。
201608130553.jpg



やっぱり、北海道対応だ。


526 皿を汚さないように紙コップでいただいた。
201608130553b.jpg



527 苫小牧、昨日はたくさん飲んだ。
201608130556.jpg



528 出発 6:19 ちょうど2時間
201608130619.jpg



529 高速道路に入った。6:47
201608130647.jpg



530 札幌を通過 7:17 予定より少し早い。
201608130717.jpg



531 PAで記念撮影
201608130732.jpg




532 銭函で降りて、下道
201608130748.jpg



533 前半飛ばしたので、少し時間があった。7:49
201608130749.jpg



534 フェリーターミナル到着 8:09
201608130809.jpg



535 パッキングも慣れた。
201608130849.jpg



536 昔ながらのパッキング
201608130849b.jpg



537 北海道ともお別れ。9:07
201608130907.jpg



538 出港が近づいた。10:20
201608131020.jpg



539 出港 10:40
201608131040.jpg



540 小樽番屋
201608131045.jpg



541 往路ではビールを飲んで参加しなかったビンゴ大会。帰省客でいっぱいの船内
かなりの熱気
201608131048.jpg



542 今日は800人くらいが乗船しているということだった。
201608131051.jpg



543 たくさん参加
201608131100.jpg



544 ビンゴ、ならず。10:59
201608131059.jpg



545 後は飲んでゆっくりするだけ。11:39
201608131139.jpg



546 これしかない。11:46
201608131146.jpg



547 神威岬が見えた。12:15
201608131215.jpg



548 その後は、これ。
201608131645.jpg



549 夕ご飯のアナウンス。やっぱり・・・17:07
201608131707.jpg



550 お約束のジンギスカンセット 17:10
201608131710.jpg



551 ご飯の盛りが、往路に比べて小さかった。
201608131710b.jpg



552 部屋にもどると・・・17:46
子供が一人で寝てた。
201608131746.jpg



553 後は夕日を見て 18:29
201608131829.jpg



554 行きも帰りも夕日が見れるなんて 最高 18:44
201608131844.jpg



555 帰りの夕日は、一旦、島に隠れる。
201608131848.jpg



556 沈んじゃった。
201608131848b.jpg

家族連れに囲まれて寝にくくかったので、ロビーで寝た。
新潟到着は6:00 5:00には放送が流れる。








8月14日(日)最終日(第9日目)

557 新潟港到着 5:58
201608140558.jpg



558 バイクに乗るのは最後 6:06
201608140606.jpg



559 このように積めば、バックを痛めることはない。
201608140611b.jpg



560 バイクの下船が始まった。
201608140614b.jpg



561 この格好で本州を走るのか。ハーレーの人とひそひそ・・・
転んだら大変
201608140615.jpg



562 暑いといやだな。
201608140624.jpg



563 6:30なので、まだ気温も低い。涼しいうちになるべく遠くまで走りたい。
201608140637.jpg



564 高速道路でガソリン満タンに
201608140648.jpg



565 昨晩一緒に飲んだFZ1の彼が私の隣に。
  私はバイクがわかっていたが、彼は驚いたようだ。
201608140733.jpg



566 後は高速をひたすら走るだけ。関越道は走りやすい。
201608140755.jpg



567 関越トンネルを抜けて、谷川岳PA さ、寒い。長袖を着た。8:32
201608140832.jpg



568 ここのお水おいしい。
201608140832b.jpg



569 赤城高原SA到着 8:59
201608140859.jpg



570 乗用車同士がぶつかりそうだった。
201608140859b.jpg



571 上里SA到着 9:40
201608140940.jpg



572 ここで朝食
201608140943.jpg



573 渋滞情報、圏央道、中央道はまったくだめ。
201608140947.jpg



574 仕方ない、下道で秩父経由で帰ろう。
201608140948.jpg




575 北海道ではよくV-stromを見た。
201608141001.jpg




576 下道だ。 10:18
201608141018.jpg



577 出たーというべきか。10分くらい後ろで我慢したが、遅すぎ。
201608141033.jpg



578 秩父橋到着 10:33
201608141033b.jpg



579 なかなか風情のある橋
201608141113.jpg



580 秩父市街地 11:19
201608141119.jpg



581 ここもいっぱい。
201608141126.jpg




582 わらじカツもだめ。
201608141128.jpg



583 先を急ぐことにした。
201608141135.jpg



584 黄色ラインなので、遅い車がいるとずっとそのペース
201608141150.jpg



585 ストレスがたまった。
201608141150b.jpg



586 でも、途中で抜いちゃった。
201608141200.jpg



587 ループ橋
201608141200b.jpg



588 秩父も久しぶり。
201608141200c.jpg



589 雁坂トンネルを抜けると山梨県
201608141201.jpg



590 バイク810円だったか。高すぎる。
201608141216.jpg



591 山梨県に入ったら、何、この暑さ?甲府市内でマックに入るも・・・エアコン故障
201608141302d.jpg



592 店内で食べるより、外で食べたほうが涼しいという事態。
201608141302.jpg



593 暑い。
201608141302b.jpg



594 でもジュースは無料にしてくれた。
201608141302c.jpg



595 あまりの暑さに我慢できず、本栖湖方面へ逃げた。甲府盆地33度以上
201608141322.jpg



596 本栖到着 14:04 気温は5度くらい低く 27度
201608141404.jpg



597 もちや到着 14:06
201608141406.jpg



598 西富士道路から新東名 清水PA到着 14:46
201608141446.jpg



599 ハイウェイモーターショー?
201608141448.jpg



600 展示バイクは、T-MAXになっていた。
201608141449.jpg



601 モーターショーというよりか、マツダ車の展示会
201608141450.jpg



602 無料で配っていたフリー
201608141451.jpg



603 シビックタイプRもあった。
201608141451b.jpg



604 タイヤがすごい。
201608141453.jpg



605 レッドバロン到着 14:54 オイル交換
201608141454.jpg




606 自宅到着 16:28 バイクを洗っていると、パラパラって雨が降ってきた。
これまで一度も降られてなかったことが奇跡。
約2500㎞の走行、お疲れさま。
201608141628.jpg



これで北海道2016のブログもおしまいです。

写真点数600点。文字入力も写真をアップするのも大変でした。

最後まで読まれているようでしたら、大変感謝いたしますと同時にお疲れさまでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おっひさっしぶりです

お久しブリデス!
なかなか 北のぶらり旅がアップされないので
ちょっと心配していました(^^;
無事 ご帰宅何よりです! おかえりなさい!

出発時にタイムロスは結構あせりますよねぇ...
やっぱ、きっちり時間とっての北の旅は良いですね!
私、歩き廻って何かを見て歩く時間無かった(><)
参考にさせていただくので、パート2も お待ちしています(^^)b

クマちんさんへ コメントありがとうございます。

こんにちは、こんな駄文をよく読まれましたね。
ありがとうございます。

クマちんさんのブログはいつもチェックさせていた
だいてマス(コメント書かなくてすみません。)

実は写真が2500枚近くあり、整理するのに時間
が掛かっておりました。

こんなつまらないツーリングブログを見る方も
少ないと思い怠けておりました。

今晩は、みなさんが絶賛しているシンゴジラを
見てくるので、第2弾、第3弾は遅れます…

積丹

たかぴいさん>
素晴らしい景色をありがとうございます。自分でも旅をしているような気がしてきました。今年の夏は、北海道では雨が多かったのですが、さすが普段の行いが良いと違いますね〜。
私は、飛行機でしたが7月の末に小樽から深川辺りを友人を訪ねて旅してきました。半分は雨でした。その友人に、来年はバイクで来ると約束しました。

積丹半島には40年ほど前に2年ほど通いましたが、当時は、道も無く海で泳ぐと海底がウニで真っ黒だったのを覚えています。アブは当時もいましたが、刺すこともないのでそれほど気にしませんでした。

続編を期待しています。

キムさんへ

駄文を読んでいただきありがとうございます。
写真の点数が多いので、なるべく1行でと思ったのです。

7月に急に北海道に行かれたので、お知り合いにご不幸
があったのかなと思っておりました。

来年はバイクなんですね。楽しみですね。
静岡周辺をちみちみツーリングするより、年に1回北海道
をドン!とツーリングするようがお得な気がするので、お
金をためて来年も北海道に行こうと思っています。

ただし、仕事の都合で9月になってしまいます。
(今年は無理を言って8月に休みを頂きました。)

来年は、美瑛、富良野あたりをベースにして、そこから
放射線上にツーリングに行こうと思っています。

距離を走るツーリングより、時間を楽しむツーリングに
切り替えです。

とりあえず、タンクの塗装を直さないと。
イタリヤ製のバイク、タンクが傷だらけ(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメ様へ
あれっ?リンクが全部無くなってますよ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ!

あらっ!?
記事が増えてますねぇ(^^)

 箱だけ~♪(爆笑

やっぱテント泊は良いデスね
次回は、テント持参で
1日走って、弁当など美味い物買って
テントで食べる!ってやろうかな?
(腐るかな?)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム